My Favorite

Laura Biagiotti Vanezia 再販!
コーヒーが美味しくなるケメックス
アルチザン&アーチストのポーチ
iPod touch
フランフランのドロップローションボトルでゴミを削減
ヤカンはコーヒードリップ用のを使うのが前提
ハマりまくった。キャリーの部屋のインテリア分析までしたし
イタリア出身の天使を飼ってる
バニラの香りのするキャンドル型ライト
ブリトニー・スピアーズのキュリアス
バカラのガレ 赤とガラス好きにはたまらない

モノを持たない12m2の部屋 クロワッサン10/10号

渋~い生活の知恵的雑誌、クロワッサン10/10号は「片づけ特集」。
片づけられない原因についての特集ですが、その中で小部屋情報があったので、ちょっとご紹介。

20110929.jpg


12平米のお部屋ですよ。しかも、パリの。 モノを持たない知恵というのは徹底してますな。 このお部屋の主は 「シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう 」の著者ドミニック・ローホーさん。旅ばかりしているとはいえ、こんなコンパクトなお部屋にお住まいなんですね!

スペースが狭いものの無駄のない配置ですねえ。これだけ狭かったら逆に無駄なもの増えていかないでしょうけど(笑)。

本を書く人だと資料やら何やらあふれかえってしまうのでしょうが、蔵書として手元においてあるのは詩集ばかりなんだそう。日頃読むものは終わったらすぐ処分。気になる箇所はメモなどし、PCで保管しているのだそうです。

なるほど。

少しうらやましいのは、使っている家具などはオーダーメイドばかりだそうで、ベッドもソファになったり、マットが広がるようになっていてキングサイズのベッドにもなったりハード面での工夫ができていることでしょうか。わずかなスペースにも棚を作ったり。部屋を工事できるというのは、日本の賃貸住まいにはなかなか手が出せないジャンルですからねー。


クロワッサン 2011年 10/10号
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansun.fool.jp/mt/mt-tb.cgi/434

コメントする

« 引っ越したつもり改造再び? | ホーム | 捨てたモノ:丸イス、洗濯物干しハンガー、100均カゴなど »

About me

日々、シンプルにこだわって暮らしています。なぜなら余計なものがないと、 本当に大切なものが見えるようになるから。
ワンルームのインテリア、すっきりした暮らし方について、愛すべき小部屋からつづっています。 (By sansun →プロフィールを見る
▲ウチの間取りもこちらから!

Link

Welcome 2 France
インテリアの参考になるパリのホテル
ab.CHINTAI
見てるだけで妄想一杯。海外のウィークリーマンション。住みたい!

PR