My Favorite

Laura Biagiotti Vanezia 再販!
コーヒーが美味しくなるケメックス
アルチザン&アーチストのポーチ
iPod touch
フランフランのドロップローションボトルでゴミを削減
ヤカンはコーヒードリップ用のを使うのが前提
ハマりまくった。キャリーの部屋のインテリア分析までしたし
イタリア出身の天使を飼ってる
バニラの香りのするキャンドル型ライト
ブリトニー・スピアーズのキュリアス
バカラのガレ 赤とガラス好きにはたまらない

頑張ろうとか、頑張らなくていいんだよとか

心が疲れてしまっている人に「頑張って」と声をかけちゃいけないって言われるようになってから、だいぶ経つと思うのですが、「頑張ろう」って言葉はやっぱりかけ合いたいなあと思う・・・。

前述の思想が流行って(?)た頃は、確かにあまり使いたくなかったし、なんかカッコ悪いようなニュアンスがあったりしてねー。
なんでそう思ってたんだろ・・・。今風でなかったってことかなあ。

だって・・・
頑張らないとやっていけないもん!!!!

普通に仕事頑張らないと食べていけないもん!!!!

自分の生活を成り立たせるのは自分だけなんだもん!!!!


っていうのが、痛いほどわかる生活を送っているからか(笑)。
独身中年女~~~~~(苦)。

あと、わかるようになってきたのが、頑張り過ぎないで!って考える風潮は、
頑張るの方向を間違えていることに対してのものだと。

つまるところ、頑張ることが目的になっちゃってることね。
頑張ってる気になっていないと落ち着かないとか罪悪感を感じるとか、自分を追い込んでないと気がすまないとか・・・・。

自分を追い込んで、プレッシャーもかけて、眠れない日が続くこともあるかもしれないけど、日々ぐっすり眠ってたって達成できてしまえばそれでいいじゃん?結果が一緒なんだから。

「頑張り」ということに対して、自分をどれだけ犠牲にして、「こんだけ犠牲にしてるんだからできるよね?」っていうのは、そもそも変なんだな。

なんてことに、最近気がついた???
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansun.fool.jp/mt/mt-tb.cgi/687

コメントする

« 外で仕事をすると身だしなみは整い、家は散らかる。その逆だと・・・ | ホーム | ガス代一気に節約! »

About me

日々、シンプルにこだわって暮らしています。なぜなら余計なものがないと、 本当に大切なものが見えるようになるから。
ワンルームのインテリア、すっきりした暮らし方について、愛すべき小部屋からつづっています。 (By sansun →プロフィールを見る
▲ウチの間取りもこちらから!

Link

Welcome 2 France
インテリアの参考になるパリのホテル
ab.CHINTAI
見てるだけで妄想一杯。海外のウィークリーマンション。住みたい!

PR