My Favorite

Laura Biagiotti Vanezia 再販!
コーヒーが美味しくなるケメックス
アルチザン&アーチストのポーチ
iPod touch
フランフランのドロップローションボトルでゴミを削減
ヤカンはコーヒードリップ用のを使うのが前提
ハマりまくった。キャリーの部屋のインテリア分析までしたし
イタリア出身の天使を飼ってる
バニラの香りのするキャンドル型ライト
ブリトニー・スピアーズのキュリアス
バカラのガレ 赤とガラス好きにはたまらない

インスピレーション の最近のブログ記事

狭いキッチンのその後 レイチェル・コーさん

結構前ですが、ご紹介したマダムフィガロの「狭いキッチン」の記事、いまだアクセスの多い人気エントリーです(謝!)


ここで紹介したレイチェル・コーさん。(http://www.rachelkhoo.com/
この人のお部屋をもっと見たいなあ~っと改めて検索してみたのですが、YouTubeで動画を発見しました!



かなりブレイクした方のようでBBCで番組まであったとか(イギリス人ですもんね)。レシピ本も4冊目がそろそろ出るのかな?
残念なことに日本では出版されてないようですが・・・・。

彼女のお料理は「型やぶり」と評されてるみたいですね。
狭いキッチンで作っている料理とはいえ、そこが日本人に合うレシピかというのは、また別の問題なんですかね。

まあ、私としては、動画の中に映る彼女のsmallアパルトマンの様子とかキッチンの道具なんかを楽しむとしますか。
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

身の周りのメンテナンス

なんだか、メンテナンス週間ですわ。
この前の「設備投資のかかる時期」も似たようなエントリーだけど・・・。

20120127.jpg


インク切れたーーーーーーーー!(涙)

しかも、これ、1色ライトマゼンダを追加したあとなんですよ。今度はシアンが!
しかも、プリントをするというよりは、ヘッドクリーニングをしたかっただけなんですよ。(インク残量が少ないとできないとか)

昨日の夜に、ちょっとプリントする必要のあるものがあって、すぐ終わると思って始めたらこの状況。
今日の午前には必要なものだったから、当面なくなっていたライトマゼンダだけ近所のスーパーで買って、残りのインクカートリッジは、最安値のamazonあたりで買う予定でしたが、どうもプリント面が汚れるので・・・。
実はインク以外にも、コンディショナー買い忘れていたり、髪のスタイリングウォーターも切らしてたりで、インクと一緒に買いにいってきたところ。

なんだか芋づる式に悪い状況が出てくるってことってありすよねー。今日はまさにその日。

で、どうしたかというと、またスーパーに買いに行くのも大変だったので、ヘッドクリーニングは諦めて、何枚か試しプリントしてる間に、汚れがとれてきた。なので、プリント強行。

残りのインクはamazonで買いましたとさ。なんか朝から疲れてしまいましたが、こういう自爆的な疲れ方はしないほうがいい。損するのは自分だけだしぃ~。

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

今月のELLE DECOR

書店で毎号目を通すんですけど、久しぶりに買いました。
ELLE DECO (エル・デコ) 2012年 02月号


しかしお高いっすね・・・。ってことはさておき、内容は、新年一発目というわけで2012年トレンド大予測!

パラパラみると知らない人がたくさん紹介されてますが(私、インテリア疎くて・・・)、これはこれで勉強になると思い、教本として買ってみましたよ。
去年の東京でのデザインイベントのまとめ的な記事もあるので体系的に理解するのには便利かも。

私のお気に入りは、「ゴッホの描いた雲の下、アムステルダム自転車の旅」特集ですね。

20120122-2.jpg


特別行く予定はないけど、ショップのインテリアがインスピレーションになりそう。

あとは、インテリアデザイナーの家を大公開!という特集があって、ちょいと気になっていた「ショルテン&バーイングス」のスタジオが好みかも~。

20120122-1.jpg

こんな倉庫兼仕事場が欲しい~(←倉庫かよ!!)
 

 

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

smart インテリア BOOK 2011FW 狭さを楽しむ部屋づくり

久しぶりに買いました。smartインテリアBOOK
smart は言わずと知れた男子ファッション誌なので、ターゲットは男性なわけですが、男子部屋ってのも、女子部屋とは違った視点があったりして、面白いものです。

まあ、近頃は「草食」なもので、あまり性別の差はないのかも。妙に小奇麗なナチュラル志向が強いのかな。カップルで住んでる事例も多いしね。

さて、大テーマとなっている、「狭さを楽しむ部屋づくり」については、正直、参考にはなりません・・・。事例が紹介されてるわけでもなく、モデルとなってる部屋は広すぎるから。どちらかというと、狭い部屋で活きる家具や小物の紹介がメイン。

たためるものとかスタッキングできるものとか、2Way、3Wayの使い方ができる家具とか、あと場所はとらないけど持ってると「おっしゃれー!」って言ってもらえそうな雑貨の紹介かな。発想の転換としては、取り入れられるアイデアはあるかもですね。

事例はやっぱり楽しいですね!

全体的に「カフェっぽい」雰囲気が多い(なんでこれ流行なんだろう??)中で、自分の好みとは違いますが好感持ってしまうのが、こんな古民家和室とか。

20110918.jpg


何かのスタイルで完成された部屋はいいなとも思うのですが、どうも、「ミッドセンチュリー」とか「北欧」とかいうスタイルで自分の部屋を作る・・・ということに違和感を覚えてしまう私なので、住民の好きなものが並んでいる=その人スタイルというのが、とても面白いのです。人の数だけスタイルがある・・みたいな。

私の部屋も別にテーマないしな・・・。居心地良さは追求してるけど。
余談ですが、北欧でいうなら、イッタラとかアラビアとか好きだけどね。


他にも、掲載事例の中では、
『シンプル~な部屋、ひとり暮らしを始めたばかりの若い子の部屋にありがちな感じよね~』って思ったら、住民の年齢はそんなことなかったりとか
『都心にも関わらず新築で18畳のワンルームで家賃8万円』って、どこの都心じゃ~~~!?
などと突っ込みどころも満載でもありますが、
いちいち突っ込みながら鑑賞するのが、楽しい1冊でした!

オフィシャルサイトで立ち読みできるみたいです!
宝島チャンネル


smartインテリアBOOK 2011 FALL/WINTER (e-MOOK)
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

ニューヨークのシェアハウス 今度はワンルーム

ロフトについては昨日書きましたが、やはり気になるのは、「小さな部屋」です。

20110821-1.jpg


ステューディオということで、まあ、いわゆるワンルームってとこでしょうか。ベッドで暮らす欧米の場合は、どんな家にもリビングと寝室ってのは、必要最低限ついてるのかと思いますが、こういうタイプの部屋だってありますよね。ただ、日本のワンルームとはだいぶ事情は違うようですが。
それでも、このお部屋は二人暮らしだそうなんで、それなりに制約はありますね。

20110821-2.jpg
自宅で仕事もしているみたいで、作業場がそれなりのスペースをとります。ベッドはやはりリビングスペースのソファベッドですって。これでカップルで寝てるそう。
(このソファベッドがどうもIKEA製品に見える・・・)

20110821-3.jpg
この本の良いところは、一つの事例につき、とても丁寧に紹介しているのと、間取り図がついてることですね! やっぱ、間取り図は最高!楽しい!


NYCのシェアハウス~「共に住む家」の個性派インテリア
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

ニューヨークのシェアハウス  ロフトが気になる・・・

お気に入りの本の気になるページをちょこっと紹介。「NYCのシェアハウス~「共に住む家」の個性派インテリア」より。
パリとかニューヨークとか欧米かぶれみたいですが、日頃の生活と違う文化圏のものを見ると思わぬ発見があって面白いのですよ。

20110822-1.jpg


近頃、ロフトが気になってます。狭い空間でもうまく使えるのかなって。上の写真のお部屋はこうやってみるとただの寝室のようですが。

20110822-2.jpg
リビング兼寝室で、上のロフトベッドはお子さんが使ってるようなんですが、下のベッドはソファ代わりなんですと。 なんだかリビング=ソファって固定観念があるものでびっくりしました。でも、ベッドでだらだらくつろぐのっていいよねー。旅先のホテルみたい。こういう場合は、狭いシングルベッドじゃなくて最低でもセミダブルでどーんと置いてしまうほうがいいのかも。友達来てもベッドの上で語らいますみたいな。

20110822-3.jpg
このお部屋はロフト付き?と思いきや、説明を読むと、「引っ越してきたときに自分で作った」ってあるんですが、「えーーーっ!」。
部屋でもモノでも、自己流にカスタマイズするのは推奨している立場ですが、こういうの作るって発想はないな・・・。
技能的な問題もあるけど。万一壊れた場合に怪我するようなこと、もしくは飽きて手放す時にすごい労力のかかりそうなことには、なかなか手が出せません!

しかし、IKEAのロフト特集を見ても、やはり天井の高さで手が出ませんねー。



NYCのシェアハウス~「共に住む家」の個性派インテリア
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

IKEAのジャパニーズモダンのこだわり

イケアネタですが、最近はとても和室を研究しているようです。まあそうですよね。日本の住宅事情、大事だし。
ただでさえ、イケア製品、いちいち規格外。自宅に持ち帰ると「デカイ」(笑)。

2012年版カタログのポスティングが始まったそうです!公式サイトでもすでにオンラインカタログが掲載されていました。

20110807-1.jpg


24ページあたりから和室リビングのコーディネートが何点かあります。
上のリビングは爽やかでステキと思いますが、「掛け軸」そこ?!って思いますが・・・。

→ IKEAオンラインカタログ

20110807-2.jpg
3畳空間についてのエキシビション。場所が東京でやってたらちょっと見たかったかも。京都の東寺で、、っていうのもいいですね。
ここでも和室空間を取り上げてます。全部で12種類のタイプの展示だったそうです。
3畳空間がテーマなあたり、「ステキと言われるインテリアにするのはウチみたいな狭い部屋ではできない」と思い込んでる人々への啓発?(笑)
イケアニュースから見れます。 →イケアジャパンニュース

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

ワンルームアパートメントホテルにときめく

たまーに「夢」を見たい時にチェックしているサイトがあります。
海外のウィークリーマンションを紹介しているサイト、「ab.CHINTAI」。

短期で借りられるアパートということなので、通常のホテルとは違って、キッチンなど生活家具もついているお部屋。特にSTUDIOタイプで検索すると、ワンルームのお部屋なもんですから、インテリアの参考になったり。間取りもついてるし、妄想がどんどんふくらみまーす(笑)。

個人的に気に入っているのがニューヨークのこのお部屋。


画像お借りしてます。

STUDIOとはいっても、だいたい30平米以上あるので、このへん、日本の住宅常識とは違うのでしょうね・・・。
まあ、日本は布団さえ敷けば、どこでも寝室!文化ですから。それだから4畳半のアパートが一般的だったんでしょう、それはそれでステキだと思います。
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

こんなん理想!イケア流SOHO

SOHOといえば、なんかカッコよく聞こえるんですが、私は普通に自宅で仕事してます。宿題やってるみたいなもんです。言葉の力ってすごいっていうか、「モノは言いよう」よね~。

さて、ウチはワンルームながら、リビング(兼)寝室(兼)ダイニング(兼)オフィス・・・な4空間なわけです。なんちゅー。
効率良く生活できるインテリアの工夫などには興味深々なのですが、今年のイケアのカタログのこのページは、かなり理想です!

20110727.jpg


え?女子っぽくない?
まあ、確かに。

でも、「倉庫っぽい」「アトリエっぽい」とか、どこか未完成な感じの空間の方が落ち着く私としては良いな~。
で、この部屋で非常に気になっているところが、手前の「布」みたいなもの、ベッド?!

そしてカタログにはこの写真の説明として、このテーブルが食卓としても使えますとあるので、それだと今の私の境遇と一致♪
ただ、私はベッドは使ってなくて、布団しいてますが。
こうしてまた、ベッド購入計画がムクムクと・・・。こんな雰囲気に仕上げれば、4空間併用でもステキかも!!

・・・そんなことより、広いとこに引っ越そうぜって考えないもんかねー(っとひとり突っ込み・笑)

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

チュニジアの朝食

以前ここで紹介したブルータスの朝食特集から思い出したチュニジアの朝食。

ホテルなので一般的な「洋食」でチュニジア風なのかどうかはわからないけど旅先のホテルや旅館の朝食が好きです。
一日動き回る活力となるもの、身体が目覚めることになるもの。やはり、朝食を食べる行為ってとても幸せなんだなと思うのです。

コーヒーにパンに、ジャムとバター、時々ヨーグルトがついてくるみたいなシンプルなもの。こういう簡単なものが旅先だとすごくうれしかったりする♪ 朝ごはん、普段はないがしろにしがちなんだけどね。

20101124-003.jpg


朝ごはんはなるべく作って食べるようにしているんですが、和食にしようと思うとけっこう手数がかかりますよねー。
日本料理ほど3食とも火の通った料理を食べる習慣はなかなかないって聞きますが、どうなんでしょう?

でも確かにご飯とみそ汁と、おかず1品でも作れば、調理器具も食器も洗うのは各3種類。お茶でも入れたらお急須に湯呑も使用。作ること自体は手間かからなくてもやはり・・・。

昔行ったドイツも朝食はシンプルでパンとコーヒー、薄切りのハムとチーズ、エッグスタンドに乗ったゆで卵。民宿ばかりだったけどどこに泊まってもこの組み合わせだったっけ。調理はゆで卵だけじゃん(笑)。
その時にエッグスタンドの実用性に魅せられて、帰国後に買ったのですがなかなか生活に密着しなかったなあ。でも当時を思い出して、今ちょっとエッグスタンドが欲しいです(笑)。殻つきのままエッグスタンドで出てきて、スプーンで殻を割りながら中身をすくうように食べるという。

あと、ハムやチーズは日本と比較にならないくらい安いっすよねー。イタリアもそうだけど。文化の違いとはいえ、うらやましい・・・。
いや、日本人には納豆があるぜー。と思うものの、私はそんなに納豆好きじゃないっていう・・・。


応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ
1  2

About me

日々、シンプルにこだわって暮らしています。なぜなら余計なものがないと、 本当に大切なものが見えるようになるから。
ワンルームのインテリア、すっきりした暮らし方について、愛すべき小部屋からつづっています。 (By sansun →プロフィールを見る
▲ウチの間取りもこちらから!

Link

Welcome 2 France
インテリアの参考になるパリのホテル
ab.CHINTAI
見てるだけで妄想一杯。海外のウィークリーマンション。住みたい!

PR